汗の悩み

美容整形だけでなく、皮膚科でも肌の悩みは解決してくれることがあります。特に症状がひどいニキビだと、保険治療が適用される場合もあるので、チェックすると良いです。
肌の中には汗を分泌するための汗腺もありますが、これを治療するのも美容整形や皮膚科の役割となります。このため、多汗症の悩みは皮膚科が解決してくれるのです。
局所多汗症にはいくつか種類があり、手のひらに起こる手掌多汗症から、顔面から汗が流れる顔面多汗症まで多くの症状があります。特に悩みが大きいのが、ワキガの原因ともなる腋窩多汗症です。
腋には特にアポクリン腺も集まっているため、菌が発生しやすく、匂いがたまりやすい場所でもあります。周囲の人にも臭うものなので、このような症状に悩む人は特に手術が必要になってくるのです。
手術以外にも多汗症の治療方法はいろいろあり、塩化アルミニウム液を塗布することなどがあります。

多汗症が自律神経の失調により起こっているのだとすれば病気と判断され、手術は保険適用内となることが多いです。こういったときには交感神経遮断術がおこなわれます。
交感神経遮断術は特に手に対して有効で、紙を使う職業の人は交感神経遮断術を行って手のひらに起こる汗を解決に導くことが推奨されます。
また、A型ボツリヌス毒素の注射は、筋肉や周辺組織の動きを弱める効果があります。副作用も伴わない方法となるので、多くの人が施術を希望する人気の治療方法となっています。
しかし、多汗症に対してボツリヌス毒素を注射することは健康保険では適用されないので注意したいところです。