鼻を長くできる

アングロサクソン系とアフリカ系、モンゴル系では骨格が全く異なるため、骨だけ残ったとしても人種の違いが分かると言われています。この人種の違いによって、美しさの基準は異なります。
人にはそれぞれの美しさがあるように、人種には人種特有の美しさがあります。肌の白さや足の長さ、肉付きの特徴まで、いろんな視点があることで美しさの幅は広くなっていきます。
情報や人の交流が少なかった時期は、美の基準は狭いのが当たり前でした。しかし、現在ではメディアなどでいろんな情報が得られるため、黄色人種の鼻の短さや体の細さ、黒色人種の肉付きの良さや手足の長さなどがそれぞれの美しさとして捉えられ、賛美されています。
しかし、日本人の鼻が短いといった骨格の特徴にコンプレックスを持つ人は多いです。個人差もあるので、特に短く鼻も上向きになっていると、鼻の穴が正面から見えやすいといった悩みを抱える人もいます。

そんな悩みがあれば、美容整形手術で鼻中隔延長術を利用して鼻を長くすることができます。自然な仕上がりにでき、人によっては白色人種のように高い鼻梁を実現できるのです。
従来の技術ではこういった鼻中隔延長術は不可能でしたが、技術が革新してきたことで、耳や肋骨の軟骨を使い鼻に移植することができるようになっています。自分の組織を使うことで、より体になじみやすくすることができるのです。
より大きな変化を鼻中隔延長術で求める場合には、肋軟骨を使うことになりますが、変化が少ない場合は鼻中隔軟骨や耳介の軟骨を使って鼻中隔延長術が行われることになります。